ACL出場権獲得がかかる天皇杯だが、来季のACLは2月27日から始まり、3月1試合、4月4試合と例年にない過密日程となっている。決勝トーナメント1回戦がホーム&アウェイとなり1試合増えたことや、代表戦の日程などが影響したのだろう。

 以前からACLとリーグ戦を並行して戦い、勝つためには、選手起用のターンオーバーが不可欠だと語られてきた。よって、保有選手数を増やし、選手層を厚くすることをクラブ首脳陣は考えるに違いない。しかし、ACLをグループリーグで敗退すれば5月以降には、余剰選手が生まれてしまう可能性も高い。ましてや欧州チャンピオンズリーグのように、出場することで多額の収入が得られるほどACLは成熟していない。アウェイへの移動費出費だけでなく、ホームでの試合開催ですら収入増にはつながらないケースもあるという。

 とはいえ、ここ数年、ACLにおけるJリーグ勢の成績は芳しくない。選手層の薄さもそのひとつの原因なのかと思ったりもした。しかし、である。
「シャルケは今季CLを18名から19名の選手を入れ替えながら戦っていますね」
 深夜のCLのテレビ中継で、解説者の言葉が耳にとまった。
 そして、シャルケのトップチームの所属選手数を公式HPで調べたところ、24名しかいなかった。ドルトムントでは30名、バイエルンは27名。マンチェスター・ユナイテッドも29名だ(11月下旬現在)。

続きを読む