内田篤人 : FOOTBALL WEEKLY

内田篤人

シャルケ連勝で9位浮上

9日に行われたブンデスリーガの試合で、フェリックス・マガトが早くもヴォルフスブルクを率いてゲルゼンキルヒェンに戻って来たが、試合はシャルケがフラドの後半のゴールで、1−0と勝利。内田篤人と長谷部誠は共にフル出場したが、最後に笑顔を見せたのは内田のほうだった。

シャルケはこれでCL戦含め3連勝、勝ち点を39に伸ばして、9位まで順位を上げた。ヴォルフスブルクは降格圏プレーオフの16位のまま。

また、シュトゥットガルトの岡崎慎司はホームのカイザースラウテルン戦にフル出場したが、ゴールは生まれず、チームも4−2で敗れた。

続きを読む

シャルケ戦途中で中止、勝ち点3は?

1日に行われたブンデスリーガのザンクト・パウリ対シャルケ戦が行われたが、試合終盤に副審にプラスティックのビールのコップが投げつけられたために、主審は2分早く試合を切り上げた。

シャルケはラウルとドラクスラーのゴールで2−0とリードしていたが、アイトキン主審は両チームにピッチから去るように伝えた。
「試合が中止になることはいつだって悲しいことだ。だが、前半から副審たちはライターや小銭を投げつけられたんだ」と主審は言う。

今後はドイツサッカー連盟とスポーツ裁判所の判断に委ねられるが、シャルケに勝利が与えられる可能性が高い。


続きを読む

レヴァークーゼン首位に7差、残り7試合

20日に行われたブンデスリーガの試合で、バイヤー・レヴァークーゼンがシャルケを2−0で下し、首位ボルシア・ドルトムントとの差を7ポイントに縮めた。

レヴァークーゼンはバラックのお膳立てでデルディヨクが先制すると、メッツェルダーのオウンゴールで27分までに2点をリード、そのまま逃げ切った。マガト監督を解任したシャルケは10位のまま。21日にはラルフ・ランクニック新監督の就任を発表する。

そのマガト監督の復帰を発表したヴォルフスブルクはアウェイでシュトゥットガルトと対戦し、40分にグラフィチのゴールで先制する。シュトゥットガルトはその直後に、岡崎慎司が倒されてPKをアピールするも認められず。しかし、ロスタイム4分にニーデマイヤーが同点ゴールを決めた。
続きを読む

長友×内田対決、CL準々決勝組み合わせ決定!

18日にスイスのニヨンで行われたUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝組み合わせ抽選で、4試合の顔ぶれが決定。日本代表の長友佑都と内田篤人の直接対決となるインテル対シャルケ、また、プレミアリーグ勢同士のチェルシー対マンチェスター・ユナイテッド戦が実現した。
続きを読む

CL8強進出から1週間、シャルケがマガト監督を解任

シャルケ04は16日、フェリックス・マガト監督を解任した。チームがチャンピオンズリーグ準々決勝にコマを進めてから、わずか1週間後のことだった。

シャルケは公式サイトで、「この別れにはいくつかの理由がある。だが、現在、法的手続きが進行中であることから、それについてコメントすることはできない」と説明した。
続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ